高齢者、安価な賃貸に住みやすく 国交省が省令改正へ

お知らせ

 国土交通省は高齢者が死亡するまで賃貸住宅に住み続けられる「終身建物賃貸借事業」について、省令改正をして提供数の増加を図る。シェアハウスなどを新たに対象に加える。現在、同事業の対象となっている約1万件の物件は、大半が賃料以外の費用が含まれるサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)で、一般の賃貸住宅はほぼない。

 高齢化や未婚率の上昇に伴い、単身高齢者の増加が見込まれる。国交省は住まいの選択肢を広げる環境…

その介護施設で本当に大丈夫? 入居前に確認すべきこと

お知らせ


自宅から高齢者施設に移っても、元気に楽しく過ごすことが多くの人の願い(写真は本文と直接関係ありません) (c)朝日新聞社

施設入居の際の譲れない条件、チェックリスト20(週刊朝日 2018年7月27日号より)

定年後の人生が一目でわかる、老後の未来年表(週刊朝日 2018年7月27日号より)

特別養護老人ホームに入居する理由(週刊朝日 2018年7月27日号より)

年代別にみた高齢者施設に入る際の心構え(週刊朝日 2018年7月27日号より)

施設の費用やメリット・デメリット/取材をもとに筆者作成(週刊朝日 2018年7月27日号より)

 高齢者ホームを選ぶ際に、どんな点に気をつけるとよいのか。終のすみかとなるだけに、失敗しないためのチェックポイントを考えていきたい。

【施設入居の際の譲れない条件、チェックリスト20はこちら】

 まず、入居費用は立地やサービスの違いで大きく異なる。介護・暮らしジャーナリストの太田差惠子さんは「都心部にあって駅に近い新築の施設や、共用部分の設備が充実していて看護師の24時間常駐など人員配置が手厚い施設は、利用料金も高くなります」と話す。

 高齢者施設のサービス内容は、利用者にわかりにくい点が多い。このため、必要な介護を受けられないといったトラブルも起こる。

「母が今いる施設は介護サービス付きだと思って、入所を決めました。でも、実はそうでなかったことに、後から気がついたんです」

 そう語るのは、東京都内の50代女性。母が居室で転倒したとき、介護スタッフがすぐに駆けつけてくれなかった経験を持つ。

 おかしいと思ってよく調べてみると、母が入居したのは介護付き有料老人ホームではなく、サービス付き高齢者住宅。施設の違いを十分理解せず、入っていたようだった。

「介護付きですかと質問して、『付いています』と施設側から聞くと、安心してしまいます。でも、実は併設の居宅介護支援事業所のケアマネジャーがケアプランを作り、訪問介護やデイサービスを使うプランだった。このように、入居してからサービスの違いに気がついたといった失敗例をよく聞きます」(太田さん)

 受けられる介護サービスの違いを知ることは、施設選びで最も大事なことだ。

「入居先として考えている施設は、介護保険制度の『特定施設入居者生活介護』(特定施設)の指定を受けているかどうか。施設の説明を聞くときは、その点を必ず確認しましょう。食事、掃除、介護サービスなどのすべてを施設職員が提供してくれます」(同)

 施設選びを親子で話し合う際、それぞれの立場から譲れない条件をチェックしていこう。例えば、施設の場所は親の生活圏内にするか、子どもの住んでいる地域にするか。個室で暮らせるのか、食堂だけでなく自室でも調理できるのか……。

 持病のある人は、通院時の支援態勢なども確認しておきたい。居室で倒れたら、常駐の看護師が対応してくれるか。認知症になっても、そのまま生活して介護を受けられるか。施設によっては、入院して3カ月以上留守にすると、退去させられるケースもある。

 チェックしていき優先度の高いものから順位をつけると、候補施設は自ずと絞られてくる。

「例えば、東京都心にあって駅から近いと、5千万円ほどの入居一時金がかかる施設もあります。こうした施設を入居先候補として考えても、金銭的に厳しい人が多いはずです。そうであれば、エリアを郊外に変えるなど、条件を少しずつ変更して探しましょう」(同)

 条件に合う施設をある程度絞ってから、見学に行くとよい。最低でも3カ所ほどの施設に足を運びたい。

 ファイナンシャルプランナーの畠中雅子さんが言う。

「高齢者施設は、老後の大切な時間を過ごす生活の場です。大事なのは毎日口にする食事で、施設見学に行く際は入居者が食堂に集まる昼食時間がベスト。食事の味つけや見栄えだけでなく、入居者はどんな感じの人たちかもわかります。さらに、自分で食べるのが難しくなったときの介助の方法など、食事時間に見えてくることはたくさんあります」

 食事の際、梅干しなどを自室から持ち込んでもよいか。居室内での食べ物の持ち込みを禁止されていても、飲み物はOKという施設もある。晩酌が好きな人は、どのくらい融通のきく飲食の環境なのかを調べておこう。

 外出方法も確認しておきたい大切な項目のひとつ。要介護度が重くなると、一人で外出することは難しい。家族が付き添えば、外出できるのか。また、要介護1~2の人が、外食に出る自由度はあるのか。介護が必要な身になっても、部屋に閉じこもらず、自分の趣味や好きなことをやり続けられると生きがいも持ちやすい。

 今や「人生100年時代」と言われる。長い定年後にどんなことが待ち受けているかを「老後の未来年表」としてまとめた。平均すると何歳ごろまで健康でいられ、年とともにどんな変化が起きるのかを知っておくと、人生後半の設計も立てやすくなる。必要な備えに役立ててほしい。(村田くみ)

※週刊朝日  2018年7月27日号
ップにもどる週刊朝日記事一覧

介護や保育、人で不足なのに給料減 未経者増え

お知らせ


 深刻な人手不足なのに、給与が下がる――。医療・介護・保育の分野で不思議な現象が広がっている。厚生労働省がまとめた5月の毎月勤労統計調査(速報値、従業員5人以上)によると、基本給にあたる所定内給与は5カ月連続で前年同月の水準を下回った。経験者が採用できないなか、新たに未経験者を雇い、事務や清掃など単純な業務を任せる「分業」が増えているためだ。

介護医療院って何するの?医師の仕事内容は?

お知らせ

介護医療院イメージ画像
2018年度診療・介護報酬同時改定では、病床の機能分化やかかりつけ医機能の強化、医師の業務効率化など、医療機関の変革を促す様々な項目が新設・改変された。今回取り上げるのは、新設の施設類型である「介護医療院」。病院の病床を転換して開設された介護医療院に勤務する医師に、患者特性や仕事の内容を聞いた。

医療法人博愛会・宇部記念病院(山口県宇部市、地域一般66床、障害者62床、医療療養62床、介護医療院60床)は6月1日、全250床の病床のうち60床あった介護保険適用の療養病床(介護療養病床)を介護医療院(記事末尾の「今回のキーワード」参照)に転換した。介護医療院とは、「病床ではないが医療を提供できる介護施設」として2018年度介護報酬改定で創設された施設類型だ

日常に潜る危険!送迎中の自動車事故はなぜ起きる?

お知らせ

介護送迎車2017年度の全国の交通事故による死者数は3,694人、うち2,020人(54.7%)を高齢者が占めるなど、多くの方が亡くなられています。介護事業所は送迎を行うことが多く、交通事故を起こしてしまう危険が潜んでいます。 なぜ事故は発生するのか。ここ数年に起こった介護事業所の自動車事故をピックアップし、その理由を検証しました。
事故の原因と時間帯
インターネットで介護事業所の送迎中の自動車事故を検索すると、2016年6~18年6月までに20件がヒットしました。分母が少ないため、簡易的なデータであることをご了承ください。

交通事故の内容は、運転ミス(10件)、車両の追突 (8件)、通行人に衝突(各2件)、でした。一般的に交通事故は、西日の影響や、日中の業務による疲労から、午後に発生しやすいと言われていますが、送迎中の事故の発生は、9時から10時と、16時から17時までが、ほぼ半数という結果となりました。

 

実際に起きた事故の事例

ニュースを振り返りながら、事故に至る原因を考えてみました。なお、年齢は報道された当時のものです。

1.運転ミスによる事故

■街路樹に激突し、同乗者が死亡

午前9時15分ごろ、介護福祉施設の送迎用ワゴン車が対向車線にはみ出て街路樹に衝突した。後部座席にいた利用者3人のうち女性二人が全身を強く打ち死亡し、もう一人の女性が軽傷を負った。警察はワゴン車を運転していたアルバイト(55)を自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で逮捕した。

<事故の原因>

対向車線に飛び出す理由として、スピードを出しすぎ、わき見や考え事など集中を欠くことにより、ハンドル操作の遅れが考えられます。限られた時間の中で送迎を行わなくてはならないため、時間を気にしてアクセルを踏みすぎていたか、次の業務を気にかけて、注意が散漫になっていたことが推測されます。

 

■見通しのよい道路で電柱に衝突

午前9時35分ごろ、見通しのいい片側2車線の直線で、介護施設職員の男性(49)の軽乗用車が、歩道の電柱に衝突した。後部座席に乗っていたデイケア利用者の女性が胸を強く打ち、搬送先の病院で死亡、男性は胸部打撲や右腕骨折の重傷で入院した。

<事故の原因>

現場は見通しのよい片側2車線の直線です。運転手のほかに同乗する職員がいなかったとしたら、利用者の行動に気を取られていた、話に夢中になり過ぎてハンドル操作を誤ったと推測されます。もし後部座席に職員を座らせていたら、事故に至らなかったかもしれません。

■サイドブレーキを掛けなかったことによる事故

午前9時20分ごろ、市道に停車していた介護施設の送迎用ワゴン車が坂道をバックするとともに、縁石に乗り上げた弾みで横転し、施設利用者7人を含む計9人が軽傷を負った。50代の男性運転手と同乗していた30代の女性職員は自力で脱出した。警察では運転者がサイドブレーキを適切に使用していなかったことが事故につながったものとみている。

<事故の原因>

オートマチック車をPレンジにして坂道に停車すると、トランスミッションにパーキングポールというロックがかかり、通常は転がることはありません。普段からパーキングブレーキを使用せず停車していたものの、たまたまシフトレバーがPレンジに入っていなかっておらず、起こった事故だと推測できます。

■高齢者の運転による事故

午後2時30分ごろ、田畑に囲まれた見通しのいい片側2車線の直線で、介護施設の送迎車が道路左側の街路樹に衝突して横転。送迎車に乗っていた施設利用者ら7人が病院に搬送され、うち女性利用者3人と女性職員(17)、男性運転手(71)の5人が重傷。残る男女もケガをした。送迎車は、山へ紅葉狩りに行った帰りだった。

<事故の原因>

田畑に囲まれた見通しのいい片側2車線の直線で街路樹にぶつかったことから、レクリエーションの疲れなどにより、運転手が居眠りしたと推測されます。他の事故では、74歳の方に運転業務を担当させていた事業所も見受けました。労働力が足りないとはいえ、利用者と同年代の方に送迎させていたことも、事故要因の一つではないでしょうか。

 

2.車両の追突事故

午後1時半ごろ、交差点でデイサービスの送迎用ワゴン車が信号待ちをしていた乗用車に追突。送迎車はそのまま乗用車を追い越して前進し、対向車にぶつかった後、歩道に乗り上げて電柱と衝突した。この事故で運転していたアルバイト運転手(58)が搬送先の病院で死亡。乗車していたデイサービス利用者の男女3人は軽傷を負った。

<事故の原因>

出会いがしらに衝突し、横転 午前9時20分ごろ、デイサービスのワゴン車と、乗用車が交差点出合い頭に衝突し、ワゴン車が横転、乗っていた男女6人が重軽傷を負って病院に搬送された。いずれも命に別条はないという。乗用車を運転していた女性も軽傷で、警察は事故原因を調べている。

<事故の原因>

ワゴン車など重心が高い車は、簡単に車体のバランスを崩して横転する危険があります。多数の人が乗っている場合は、カーブや交差点は普段より遠心力などの影響を受けやすいため、思わぬ事故に発展します。普通自動車であれば横転を免れたかもしれません。

3.通行者と衝突した事故

午後4時45分ごろ、片側1車線の信号機のない交差点で、道路を横断中だった女性(61)が、介護施設の入居者を送迎する途中のワンボックスカーにはねられ、搬送先の病院で死亡した。警察は過失運転致傷の疑いで、車を運転していたアルバイトの男(67)を現行犯逮捕した。男は調べに対し「ぶつかるまでわからなかった」と話しており、警察が詳しい事故原因を調べる。

<事故の原因>

時間帯から推測すると、運転中にウトウトしていた、西日が強く逆行のため視界が悪かったことが推測されます。記事には信号機のない交差点と表記されていますが、横断歩道もない場合は、歩行者への注意も散漫になりがちになるため、事故につながったと考えられます。

 

運転手を犯罪者に変える恐ろしさ

送迎中に交通事故を起こした場合、状況によって自動車運転処罰法違反が適応され、ケガの場合は過失傷害、死亡の場合は過失致死となり、7年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金が課せられます。

今回選出した事例はすべて事実に基づいており、事故にあった人は痛み、傷つき、時には亡くなっています。また事故を起こした人は犯罪者となり、一生消えない後悔が残ります。

事故のニュースを見ると、人材不足が理由と思われる無理なスケジュール、無理な人材活用などもいくつか見られました。日常的に行われる送迎だからこそ、危険性を見直して、安全性を強化してください。

当施設について

めぐ株式会社の当介護施設におきましては、このような事故のないよう徹底しております。
ご入所・ご利用検討の方は、お問い合わせフォームまたはお電話(0120-652-600)でご相談ください。

 

 

通院、墓参り、・・「介護保険外サービス」提供 会津若松で業務開始

お知らせ

高齢者など向けに介護保険では手の届かないような日常生活の困り事を支援する「介護保険外サービス」を提供する一般社団法人「fukucier(ふくしぇる)」が5月下旬、会津若松市中央1丁目で業務を開始した。代表の小林しのぶさん(39)によると、介護保険外サービス単独での運営は県内で初めて。
小林さんはケアマネジャー、社会福祉士、介護福祉士として働く中で、「夫の墓参りに行きたいが、この体では無理」「孫の結婚式に出席したいが、介助を手伝ってくれる人がいない」などと諦めの声を多く聞いてきた。一方で、まだ働く意欲がある定年退職者の「社会のために役立ちたい」という声も耳にし、両者をマッチングできるようなサービスを考えた。先行してサービスを始めていた熊本県の「夢ネットはちどり」のアドバイスも得て、5月24日に事業所「fukucier」を開設した。
支援の内容は、通院や墓参り、冠婚葬祭への出席の付き添い、雪かき、買い物代行などを想定。介護を含まないサービスの利用料は一般1時間当たり3千円、会員同2500円を想定する(早朝深夜割り増しあり)。
サービススタッフは「コンシェルジュ」と呼び、定年退職後も働きたいアクティブシニアを中心に、登録を呼び掛ける。コンシェルジュには時給を支払う。
「fukucier」の「fuku」は福島や福祉をイメージ、「cier」はコンシェルジュから取った。活動の本格化はこれからだが、小林さんは「サービスを必要とする人と提供する人両方の生きがいややりがいにつながる。張りのある人生を送る人が増えれば介護保険料の抑制にもつながるはず」と効果を期待する。
「fukucier」は、入院・入居身元保証サービスや社会福祉に関する事業全般の総合コンサルティング業務も行う。
10日午前10時からと16日午後2時から会津若松市謹教コミュニティセンターでコンシェルジュ希望者向け説明会を開き、19日午後1時30分からと21日午前9時30分からは同所で養成講座を開く。

 

福祉×コンシェルジュfukucier(ふくしぇる)|福島会津の福祉・介護サービス

https://www.fukucier.com/