介護職員、約34万人不足に?

お知らせ

厚生労働省は21日、団塊の世代がすべて75歳以上になる2025年度に、介護職員が約34万人不足する恐れがあるとの推計を公表した。いまの人材確保策では不足分を補うめどは立たず、さらなる処遇改善などが必要となる。
 介護現場で働く職員数(非常勤を含む)は、介護保険制度が始まった00年度には約55万人だったが、サービスを受ける要介護認定者数の伸びとともに増加。16年度には約190万人となった。